--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/06/20 (水) 09:22:33

6さじめは「フル、フラナイ」

ここだよ


<6さじめは「フル、フラナイ」>
 

つい、手を振ってしまうのである。

誰か通りの向こうに知った人を見かけた時などに。

こちらがひらひらと手を振ると

大抵、相手はにっこり笑って会釈なぞして返してくれる。

そこでいつもハッとして恥ずかしくなるのだ。


大人って、会釈で挨拶するものなのだな・・・と。


            
     

子供は良く手をふる。

「バイバ~イ!」とか「ここだよ~」だとか
言いながら合図を送っている。


皆、いつから手を振らなくなるのだろう。



手を振るバァちゃん、なんてあまり見たことないよなぁ・・・

でも
ジィちゃんは「ヨォ!」と片手を挙げる。

「ああ、わかったよ、了解」という感じで面倒臭そうに。

相手のおしゃべりを制して、
だけど相手の気持ちを片手でキャッチしているみたいな
手の挙げ方。
でも振らない。


そうか、手を振ると指先から言葉がこぼれ落ちるからだ。



            
      
   

振るとこぼれる、鈴の音のように
「こっちだよー」とか「お~い、元気~?」だとか
「さよなら」とか「また明日」だとかが指先からこぼれだして
くるのだ。

子供の手は喋る。
ジィちゃんの手は喋らない。
手のひらで受け止める。

じゃあ、バァちゃんは?


         
     
    

バァちゃんは手を振らないし、挙げない。
バァちゃんは両手でにぎる。


バァちゃんは相手の手をぎゅうとはさんで
「大丈夫だから」を手のひらから送る。

手のひらから安心を送る。


      
     

そんな事を思うと
私の年令としては
手を振るのは幼すぎ
片手を挙げるには貫禄が無く
両手で包むには安心が足りない。


結論。

現時点では
まずは大人のたしなみとして
「にっこり会釈」くらいは
身につけておくべきなのであ~る。


  

      **************  

trackback (0) | comment (0) | ナチュラルのひとさじ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日々で思ったこと描いたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。