--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/05/16 (水) 06:26:02

2さじめは「超新星爆発だったの」

超新星爆発


<2さじめは「超新星爆発だったの」>

金環日食が話題なこの頃。

急に
冬の星座のオリオン座が消滅するかも知れないという
宇宙の記事を思い出したのであります。


オリオン座の一番星(アルファ星)のぺテルギウスが
超新星爆発を起こす直前なのだそうだ。


           


超新星爆発というのは
星がその一生を終え、核燃料を使い果たし
エネルギーを充分に放出できなくなって
自分の重力で潰れていくその反動で、
はじけ飛んでしまう現象だそうだ。


(この説明でなんとなく・・・でもわかりますか?)


難しい現象はわからくても
とにかくペテルギウスが無くなるという事は
わかる。


なんてことだ!
星が弾け飛んじゃうと
天空に結ぶ線がなくなって
オリオン座ではなくなっちゃうじゃないか!!!


         



オリオンの物語が天空で語られなくなる。


星の消滅は広い宇宙のなかでは
幾つもあるのだろうけれど、
数ある星の中から特別に意味づけられた
星が無くなってしまうのは、物語がなくなって寂しい。


なくなるのは星の輝きと物語。


ところで、どうして
急に「超新星爆発」の記事を思い出したかというと


お気に入りのピアスが
洋服を着替えるときに、引っかかって
どこかに弾け飛んだからである。


すごく気に入っていたのに・・・
探したけれどみつからない。
あの輝きはどこに・・・


しかたなく「超新星爆発だったのだ」と
あきらめている今日なのである。

    
      ***************  













Trackback(-) comment (0) | ナチュラルのひとさじ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
日々で思ったこと描いたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。