--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/12/19 (水) 06:04:55

14さじめは「私を動かす私はいくつ?2」

時間料理の仕方



<14さじめは「私を動かす私はいくつ?2」>


さて前回からの続き。

「ねえ、私たちの体は年々、老いていくわけだけれど
その体を動かしている自分は何歳だと思う?」

という質問を何人かにインタビューしていたところ、
なかなか中身と実年齢が一致している人には会わないのであるが、
とうとう遭遇するのである。


初めて中身と実年齢が一緒の人に出会った私は聞いてみた。

「どうしてそう感じるの?」


           


2児の母であり働く女性な彼女は
「そうだね~。この子が何歳の時は自分は何歳だ・・・と
よく確認しているからかな」
と答えてくれた。


そうなんだ。

いつもこまめに自分の年令を確認しているから、中身も一緒に歳をとっていけるのだ。

この時(歳)に何をしていたかを実感出来ていれば、その歳を生きられる。
自分が自分を確認できれば、自分のその歳を生きられる。


           

     

インタビューしてみた人達は私と近しい人であったので、
彼ら彼女らの中身の年令の時にどんな感じだったのか、
それ以降の生活がどんな感じ
だったのかをおぼろげながらも知っている。

だから
彼ら彼女らはあの頃(中身年令の頃)は忙しくても、
自分自身を実感して生きていたんだな・・・と想像が付く。

あの頃から後の人生で
仕事に忙殺されたり、結婚したり、子育てに追われたり、
離婚したり、介護したり・・・と様々な想定外な運命の事柄に
巻き込まれて、
知らぬ間にとった年月を思い返してみる。


もし、あなたが実年齢と中身の年齢が違うのであれば
止まった中身年齢の頃を考えてみて。

まずその時の自分が何をしていたのか、思い出してみる。

そしてそれ以降の、「想定外だったかもしれないけれど、
自分のしてきた経験と人生」を確認する。


若い頃ぼんやりと想定してた「大人」とは、今の自分は違うかも知れない。
このくらいの年齢だとこのくらいの子供がいて、仲人なんてやってたりして、
礼儀作法もなにげに染みこんでいて・・・なんて漠然とした「世間的理想大人像」とは
かなり違っているかも知れない。

でもたぶん。
中身年齢と実年齢が一緒な彼女だって
それはそう感じているに違いないのだ。

「世間的理想大人像」と自分は違っていたって、中身と実年齢は一緒になる。




    ≫ read more
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | ナチュラルのひとさじ
日々で思ったこと描いたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。