FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2013/08/01 (木) 06:26:10

お話をひとふりは「小さなおはなし」

<お話をひとふりは「小さなおはなし」>


ある日のことでした。



在っても無くてもいいような物が

この世界から1つ消えました。

在っても無くてもいいような物なので

この世界の人たちは

消えたことなど気づきませんでした。



在っても無くてもいいような物が

消えた時、

在らねばならない「自由」と「平和」が

この世界から少し消えました。



在るか無いかの少しのことなので

この世界の人たちは

消えたことなど気づきませんでした。



無くてはならない物だけがある世界で人たちは

とても真剣に生きています。



ただ、

一日の終わりに

夕日の輝きの美しさにふと気がついた時に思うのです。

昔持っていた、あの「在っても無くてもいいような物」は

それならば「在っても」良かったのじゃないか・・・と。





遠くで誰かが小さくメロディーを口ずさみました。

それは聞いたことは無いのに

とても懐かしい気がするのです。



    **************  



スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | おはなし
日々で思ったこと描いたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。