--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/02/09 (月) 07:18:58

2015.2/1~2/8♪トゥリャトゥリャ1週間♪

2/1(日)♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
子供が餃子を作ってみたいというので、久しぶりに手作りする。
息子その2(小4)が家族それぞれに合わせた餃子を作る。
自分と兄の子供用には餃子の皮2枚を貼り合わせた円盤形。
肉がギッシリ詰まっていて、いかにも男子用である。

モノを作ると
そういう工夫を思いつくのがいい。


2/2(月)♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
図書館に予約していた本を取りに行く。
日曜美術館で野見山暁治さんをやっていて、画と文を紹介してたのを観たのだ。

なにしろ絵を描いて文を書く人には惹かれるものだから、
この人の文を読んでみたいと思って図書館に予約する。

そうしたらもう、来た!来た!
この頃はインターネットで予約できるのが便利だ。
頼んだのはアトリエ日記の最新刊。

「やっぱりアトリエ日記」


齢90の野見山さんの最近の日々と感じたことが書いてある。
「・・・回顧展に出品したぼくの手持ちの作品が、どっとトラックに乗って
我が家へ還ってきた。
 思えば、これは日々の排泄物。・・・」

ふふふ、そうかぁ。
権威のあるなしに関わらず、作品ってのは排泄物なんだよなぁ。

そう思うと私の頭の中の画像では
水洗トイレの中から女神が出てきて
「あなたの作品はこの金の排泄物ですか?それともこのただの排泄物ですか?」と言う。
「うるさい黙れ」とハンドル上げて女神もろともトイレの泉にクルクル流す。


2/3(火♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
節分。
恵方巻きを買う。

息子その2が作法を色々聞いてきて、
やれ今年はこちらの方角だ、食べる時には無言で願いを祈らないと
叶わないだのと指南する。
自分が食べている時にも、人の作法が気になって仕方なく、
口うるさく指導して無言で食べることが出来ず。

「ぼくの願いは叶わないかも・・・」としょんぼりする。

2/4(水)♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京駅に行く。
丸の内OAZOという東京駅周辺のビル群の中にある、丸善の本屋へ行く。

「場所」は毎日通っている内は、
多少の「変化」が起きても「いつも」の場所であるけれど、

しばらく通っていないと、多少の「変化」が重なって全く別物の「今」となって定着してしまっている。
もう「いつも」は無くなってしまう。
急に現れた「今」。

かつてOL だった頃の東京駅とは違ってしまっているので、
自分の知らないテーマパークに来たようだ。
施設内を地図を見ながら目的地を探す。
「次はあれに乗ろう」

2/5(木)♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
「オタクが嫌いなんだ」と若旦那がいうから、
「なんで嫌いなの?」と聞くと
「オタクのリュックが嫌いなんだよ。
オタクの人は自分の好きな物詰めた大きなリュックを背負ってて
人が通るのを邪魔していても全くお構いなしな所が嫌なの。
自分の大切な物かかえつつ、人に通りを譲ったり出来なきゃいけないの!」という。

然り!


2/6(金)♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
子供らが「今日は学校で漢字のテストがある!」という。
漢字を考えた中国人と、それをわざわざ日本に持って来ちゃった人を呪う!と言う。

朝から一緒に呪ってやりながら学校に送り出してやる。

餃子を作った中国人と、それをわざわざ日本に持って来ちゃった人にはお礼を言っておく。

2/6(土)♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
子供らが「今日は学校がある土曜日!!」と言う。
今日も学校やるって決めた校長先生を呪う!と言う。

毎日、なんかを呪っている。


          



友達よこれが私の一週間の仕事です
トゥリャ、トゥトゥトゥリャ・・・

スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | くろのえんぴつ
2014/11/13 (木) 07:00:16

2014.1113

どうにか描き出しました。
以前の記事は残したまま、また再スタート。

自分の維持のために静かになら描いていけそうなので。

白い紙と鉛筆があれば私がいるから。

だから
そのまま。
なんの細工も効果も考えず、
そのまま。

今の自分、ここにあれ。

trackback (0) | comment (0) | しろのかみ
2014/01/08 (水) 17:15:01

20さじめは「すこし汚した手ぬぐいを」



<20さじめは「すこし汚した手ぬぐいを」>


こんにちは。

新しい年になりましたね。

そして、もう数日経ってしまいました。

折り目正しくたたんであった「2014年」っていう手ぬぐいを

少し広げて手を拭いてみましたという感じ。

これから1年、この手ぬぐいを使い込んでいきましょう。

どんなふうに使うのかな。

手を拭いたり、窓を拭いたりして、汚れてくたくたになった1年を

また師走に広げて眺めてみたいのです。

私は丁寧にこの手ぬぐいを使えるのかな。

でも、とにかく。

今日でもう8日分、汚してみました。


           
 

自分を暖めようと思いまして、イラストを少し描きました。

暖まるにはいろんな方法があります。

ストーブにあたるとか、厚着するとか

あたたかいモノを体に入れるのも、そう。

暖かい飲み物を飲む。

お鍋を食べる。

あとは

ふうと息を吐いてマフラーの中を暖める。

自分で自分を暖めてやるのです。


自分で自分を暖める方法を知っていると

便利ですね。

お絵かきをして、少し自分の機嫌をとって、

そんな方法でも私はあたたかくなりました。

幾つか方法を持っておくべきです。

大人のたしなみとして。

だって暖かくなると、人にも自然に優しくなれるから。




    **************  





trackback (0) | comment (0) | ナチュラルのひとさじ
2013/10/15 (火) 06:45:27

小さじ1/2は「子供の世界地図・大人の世界地図」

子供の頃は何かと仲良しの友達と些細なケンカをする度に

「あんたなんかとは絶交なんだからねっ!」

とすぐ言っていましたっけ。



そういうとプイを横を向いてしばらく口をきかないでいました。

口をきかないのはひどくても次の日くらいで、

また一緒に遊び出すのがいつもの事だったのですが・・・

だいたい「絶交」は「口をきかない」と同義くらいのもの

としか思っていなかったですもの。

簡単な「絶交」は簡単に「国交回復」となり得たものです。


            


大人になって。

「絶交するからね!」なんて全く口にしなくなりました。

でも、何年も連絡を取っていない人たちが沢山います。

プイと横を向いた覚えもないのに

知らぬ間に国交断絶となってしまったひとたち。



便りをだせば、すぐ国交回復となりそうなひと。

やっぱり遠くに感じられて、いまさら国交回復も考えられないひと。

大人になるにつれ、子供の頃に持った地図より大きなものを持ったけれど

何も宣言していないのに、絶交がある大人の世界地図をぼんやり考えてみる・・・


と、ここまで書いたところで・・・


    ≫ read more
trackback (0) | comment (0) | ナチュラルのひとさじ
2013/09/08 (日) 16:16:10

小さじ1/2は「そのまま」

<小さじ1/2は「そのまま」>

「今年のように来年がある」ということは

経済では「停滞」と言い、

農業では「安定」と言うのです。

農民作家の山下惣一さんが最近、テレビのインタビューでお話していた言葉。



いろんなことを「経済」から語るのでは無く、

農業は農業で。

それぞれをそれぞれで話すようにしてみたいな。



体力とか記憶力、能力の維持だとか

物事の進行状態とか・・・

どんなに「変わらず」と言うことも

ありがたいことか、わかる。







    **************  

trackback (0) | comment (0) | ナチュラルのひとさじ
日々で思ったこと描いたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。